初心者が独自ドメインを取って右往左往した話

持っているもの

  • 初心者がWordPress専用サーバーを借りてサブドメインで8か月ほどブログをつづった経験
  • ようやくとった独自ドメイン
  • ドメイン取得先で使える無料サーバー

持っていないもの

  • WordPress以外でブログを立ち上げた経験

「いつかは取ろう」

そう思い続けていながらも、ずっと独自ドメインを取るタイミングを逃してきたが、予想外のきっかけで独自ドメインを取った話は、先行ブログで述べた。

ブログ初心者がようやく独自ドメインを取った話

ここでは、独自ドメインを取ったものの、準備不足で、右往左往した話を、勝手に紹介したい。

[2018/06/08追記:本記事での「スタードメイン」の内容の記述は、記事公開時の2018/05/10時点の個人の感想です。2018/06/07からスタードメイン契約時の無料レンタルサーバーではWordPressも使用可能になるなど、機能が強化されたとのニュースリリースがありました。→
https://www.netowl.jp/news_detail.php?view_id=2078
(参照2018-06-08)]

1.独自ドメイン取得の当初の目論見

実を言うと、私は、サーバーの契約(6か月契約)が切れるのをきっかけに、いったん、ブログを辞める決意をしていた。

サーバーに不満があったわけではない。

むしろ逆で、一番安いプランでも、私の貧弱すぎるブログでは、オーバースペックと言えるほど十分すぎたからだ。

そこで初めの契約が切れるタイミングで、いったん、契約を終わらせて、その後に改めて、独自ドメインを取ってから再スタートしようと思っていた。

独自ドメインを取る際に、サーバーとセットにした方がよいのか、それとも、別々にした方がよいのか、といったことなども、下調べをしてみたりした。

2.独自ドメイン取得の実際の展開

だが実際には、利用していたサーバーの契約延長が自動になっていたのを見落としていて、そのまま延長することになった。

(結果的には、継続したことにより途切れることなくこれまでのサブドメインブログを活かせることになったし、再びはじめるときには入会金が必要になることを考えれば、これでよかったと思っている。)

契約延長後も、独自ドメインを取ることに踏ん切りがつかないままだったが、ある日、クーポンやキャンペーンなどが重なったこともあって、背中を押されるようにして、独自ドメインを取った。

以前、契約期間や値段等の下調べをしていたこともあり、どこで独自ドメインを取るかはいくつかの候補が挙がっていたが、その有力候補の一つがキャンペーンをしていたので、キャンペーン締め切り直前になって、駆け込み購入した。

初めての独自ドメインをどこで取得するかで迷った話

3.やっぱり準備不足だった独自ドメイン取得

私が独自ドメインを取得したのは、

スタードメイン

だった。

今使っているサーバー会社でドメインを取る選択肢もあり、比較検討したが、最後に背中を押したのは、キャンペーンの締め切りだった。(2018年3月末ごろの個人の経験です。)

ただ、準備不足は否めなかった。

私の場合は、Z.com WPのサーバーを借りてサブドメインでブログを続けながら、スタードメインで独自ドメインを取る、という一般的とはいえない形になったため、次の選択肢としては、

1.サブドメインブログをそのまま独自ドメインブログに差し替える
2.サブドメインブログを残して、独自ドメインブログを立ち上げる

の二つあった。

いろいろと悩んだ末に、私の契約しているZ.com WPのエコノミーコースはWordPressの設置数が5まで追加料金なくできる(2018-05-10現在)ので、これまでのサブドメインブログを残したままにして、新たに独自ドメインのブログを追加することに決め、選択肢2を選び、新旧のブログを並立させることにした。

だが、この後は迷走することになった。

この時、素直に、Z.com WPでWordPressを追加しておけばよかったのだが、スタードメインでは、ドメインを取得すると特典として、そのドメインに対し、サーバー機能を利用できるようになっていた。

https://www.star.ne.jp/free/stardomain.php
(参照2018-05-10)

容量も10GBと十分なので、こっちでいったん、練習がてらにWordPressブログを立ち上げてみようと思った。ダメならすぐ戻せばいいという程度の認識だった。

だが、結論から言うと、この試みはうまくいかなかった。

WordPressを動かすにはデータベースが必要で、スタードメインのドメイン取得特典のプランではデータベースに対応していないかったのだ。(当時の環境です)。

これは単純に、私の不注意で、準備不足で気が付かなかったミスだった。(注:スタードメインでは上記の参照通り、無料のWordPress用サーバーもあるので、そちらを利用することは可能[参照2018-05-10]。ただし、有料サーバーをすでに借りている私にとってはあえて使う理由はないが)。

[2018/06/08追記:スタードメインのドメイン取得時利用可能な無料レンタルサーバーは、2016/06/07よりWordPressも利用可能になったとのニュースリリースがありました。→
https://www.netowl.jp/news_detail.php?view_id=2078
(参照2018-06-08)]

私が準備不足のまま行ったのは、

  • 取得した独自ドメインを、スターサーバーの特典無料サーバーに登録
  • WordPressをインストールするために、WordPressをダウンロード
  • サーバーにアップロードするためにFTTPソフトを選んでダウンロード
  • FTTPソフトを設定して、WordPressをアップロードするものの変化なし
  • おかしいと思っていると、「そういえば、レンタルサーバーを調べたときWordPress設置が可能かどうかの欄があったような・・・」
  • 調べたら「設置不可」とちゃんと書いてありました(当時)、私の注意不足でした。

といった過程だ。結果的にこれらの作業はすべて無駄になった。

もちろん、WordPressではなく、ホームページ作成ソフトを使って作成したページならこちらの無料サーバーにも問題なくアップできるのだろうが、今更、ホームページ作成ソフトを購入する余裕も手間も私にはなく、無料エディターでindex.html等を書く能力もないので、あっさりとあきらめた。

この後、スターサーバーからZ.com WPのサーバーに独自ドメインを移動させたが、すぐには反映されず、Z.comからログインできたのは、二日後ぐらいだった。(正確な日数ではなく、「いつ反映されるかな」と不定期に見に行っていた結果なので、ひょっとしたらもっと早かったかもしれないし、場合によってはもっと遅くなるかもしれない)。

この時間的なロスは痛かったが、勉強と思って割り切ることにした。(逆に、WordPress専用サーバーの利便性を痛感した。)

私のようなケースはあまりないと思うが、今回の失敗が、誰かの参考になれば幸いである。

まとめ

  • 初心者がいきあたりばったりで独自ドメインを取った話
  • 準備不足のまま独自ドメインを取って遠回りした話
  • それでも勉強になりました
  • 誰かの参考になれば幸いです

《広告》
WordPress専用高速サーバーなら Z.com WP お名前.com ムームードメイン ★LOLIPOP★ wpX スタードメイン A8.netの申し込みページ 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場 楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five × 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください