ごはんを食べすぎてお菓子が食べられなくなった話

子供のころ、必要以上におやつをねだると、こういわれた。

「お菓子を食べすぎると、晩御飯が食べられなくなるよ」

けだし、正論である。

そして大人になって、この言葉を言われる方から言う方に変わった。

そして、自分自身に問いかける言葉も逆になっているのに、ふと、気づいた。

「ご飯を食べすぎると、お菓子が食べられなくなるよ」

そんな、私も年をとったなー、というお話を。

子供のころ、あんなに欲しかったものが、大人になって手に入れれるようになったのに、それほど欲しくなくなったことは、よくある。(もちろん、子供のころの思いのまま、大人になって手に入れる人もいるが。)

お菓子に関してもそうだ。

子供のころは、いろいろな、家庭ごとのルールがあった。

例えば、

  • おやつを食べていいのは、夕方5時まで。
  • 休みの日におやつを食べていいのは、朝10時以降。
  • アイスは1日1本まで(2本入りパピコをどう取り扱うかは審議)
  • 個人で買っていいのは100円まで。100円以上のお菓子を独り占めするのはアウト
  • ポテチ等の袋菓子を一人で1日で食べきるのはアウト(ただし、プロ野球チップス等の50円以下の袋菓子は個人でもOK)
  • お客さん用に出したお菓子は、お客さんが帰った後なら、残った分を山分け(あるいは早い者勝ち)

これらは、ほんの一例だが、家庭環境、兄弟姉妹、いろいろな要因で、家庭ごとにいろいろなルールがあったと思う。

それぞれのルールの中、お菓子を制限させられてきたと思うが、各家庭で共通するルールが、

「お菓子を食べすぎると、晩御飯が食べられなくなるよ」

ではないだろうか。

この言葉によって、まだまだ食べたいお菓子をあきらめた人は、多いだろう。

あるいは、この言葉に、果敢に逆らって、実際、晩ご飯が食べられずに残してしまって、「ほら言ったでしょう」と言われ、後悔と共に、涙を流した人もいるだろう。

大人になって、

「お菓子を食べすぎると、晩御飯が食べられなくなるよ」

とは誰にも言われなくなった。でも、晩御飯を食べれなくなるほど、お菓子を食べることは、まず、ない。

お菓子が嫌いになったわけではない。さらに、子供のころはどこか遠慮していた、単品で100円を超すお菓子を、値札や消費税を気にせず買うことができる財力もある。

それでも、晩御飯を食べれなくなるほどお菓子を食べることはなくなった。

そして、若いころと変わらない量の晩御飯を食べ続けていて、ある日、ふと、自分が、お菓子を食べれるほどおなかが空いていないことに気が付いた。

まさしく、

「ご飯を食べすぎると、お菓子が食べられなくなるよ」

という状況だった。

若いころは、おやつを食べて、晩御飯食べて、小腹がすいたらおやつをつまんで、という感じだったのに、今では、晩御飯を食べて、以上、という感じで一日が終わる。

「年を取るとはこういうことなのかな」

と思いながらも、お菓子を食べすぎている子供を見ると、

「お菓子を食べすぎると、晩御飯が食べられなくなるよ」

と、少しうらやましく思いながら、叱るようになった。

《広告》

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
WordPress専用高速サーバーなら Z.com WP wpXクラウド お名前.com 年額1,180円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス、スタードメイン 格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─ ロリポップ! アフィリエイトなら【A8.net】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください