初心者がムカデに噛まれた話

持っているもの

  • 何かに噛まれてそれがムカデだった経験

持っていないもの

  • ムカデに噛まれたときの対処法

「ムカデに噛まれる」ことは、よくあることなのか、珍しいことなのか、よくわからない。

そもそも、「ムカデ」なのか「百足」なのか、「噛まれた」のか「咬まれた」のか「刺された」のか・・・。

いろいろな表記の仕方があるが、今回は、「ムカデに噛まれた」という表現で統一したい。

それはさておき、初心者がムカデに噛まれて右往左往した経験を勝手に報告する。

[当記事は、前身ブログ「はじめはみんな初心者だ」での記事「初心者がいかにムカデに噛まれたか」(公開日:2018/02/24)を、加筆・修正したものです。当ブログでの公開日:2018/08/08]

1.ムカデに噛まれた

これから話すことは、あくまで個人的な経験です。「ムカデに噛まれた」という意味は、場所や季節によって、大きく変わってきます。もし、今、「ムカデに刺されて対処法をネットで調べよう」と思ってこのページを見つけた人は、こんなページを読んでいる場合じゃなく、まともな説明をしているページに移動するか、病院などの専門家に診察してもらってください。

去年の夏ごろの夜中、日本の近畿のある住居。

タオルケットもかけずにベッドで寝ていると、足の指に違和感があり、ぼんやりと目を覚ます。

半分寝ぼけながらも、薄明りの中、足を折り曲げ、足元を見ると、そこに全長5cm程度(イメージ)のムカデが。

それに気づいた瞬間、眠気が吹き飛び、慌てて、自分の足を動かして振り払おうとすると、足の甲の親指と人差し指の間に激痛。

噛まれた、と思い、反射的に、手で、痛みの元にいるムカデをおおざっぱにつかんで、肘と手首のスナップのみでムカデを放り投げた。

2.痛みと不安と

そのまま、声も出さずに、10秒ほど(イメージ)、痛みに耐えていた。

その後、だんだん落ち着いてきて、痛みを感じながらも、先ほど投げつけた、ムカデの行方が気になって、電気をつける。

ムカデに対する、少しの恐怖と、噛まれた恨みの混ざった感情のまま、どうしたものかと対策を考えるが、とりあえず近くにあった、「粘着カーペットクリーナー」(イメージ)(コロコロは株式会社ニトムズの商標登録です)を手に取り、さっき投げつけた方向に目を凝らす。

だが、家具の隙間にでも逃げ込んだのか、見つからなかった。

仕方なく、何もない床の上を、無意味に「粘着カーペットクリーナー」をコロコロと転がす。

見つかりそうにないので、いったんムカデの発見をあきらめ、「また、寝ている間に戻ってきて噛まれるかも」と、恐怖心を残したまま、1分ほど(イメージ)、寝床周辺を、意味もなくコロコロ転がす。

痛みは残ったままであるものの、眠れないほどの痛さではないので、もう寝ようと思うが、痛みが気になる。

すぐに寝れそうもないので、パソコンを立ち上げて、調べることにした。もちろん、パソコンのスイッチを押して立ち上がりを待つ間は、周辺をコロコロしていた。

3.ネット情報では

パソコンが立ち上がった後、ネットの検索ページで「ムカデ」と入力すると、予測検索で「ムカデに刺されたら」の文字が出てきたので(イメージ)、それでクリックした。

検索結果が出てきて、ざっと、候補を見る。経験上、個人サイトだとうかがわせるアドレスは避けて、知っている名前の企業サイト・病院サイトを優先してみようとするが、この件では、それらが見当たらなかったので、とりあえず、検索で引っかかったものを、複数見ることにした。

その結果、「冷やした方がよい」というものもあれば、「温めた方がよい」というものあった。結局、専門家に見てもらった方がよい、という当たり前の結論しか出せなかった。

4.自己対応は

病院へ行くほどの痛みではないが、初期対応を間違って後で大ごとになるのでは、という不安はなくならなかった。

とりあえず何かをしようと、思った。対処法に根拠があったわけではないが、とりあえずは噛まれたところを水で洗い流そうと思い、浴室へ向かった。

虫に刺されたときは、傷口を水で洗い流すのは、よく聞く話で(イメージ)、今回も問題ないと思いながらも、さっきネットで調べた記事の中には、「あるムカデの毒は温めて分解する」(イメージ)という記述があったこともあって、水では15秒ほどで(イメージ)さっと洗い流す程度しかできなかった。逆に、今回の毒が熱で分解する必要のあるタイプのものだったらと、不安が残った。

と言っても、何をしていいのかは分からず、あるいは何かをして逆に悪化したら、という思いがあるので、それ以上の対策は持ち合わせていなかった。

噛まれた足元周辺を軽くさすったり、「いったん水で冷やしたけど、熱で分解するタイプだとしても猛暑だから大丈夫だろう」、と何の根拠もない理由を考え付いたりして、寝付けない状態で、コロコロを転がしながら自分を納得させようとした。

5.その結果は

その後、少しジンジンする痛みと、見つかっていないムカデに再来襲される恐怖におびえながらも、いつの間にか眠りについた。

翌朝、目が覚めると、噛まれたところは腫れてもおらず、痛みは少し残っているが気にするレベルでもなくなっていた。靴下をはいて普通に歩くことができた。

その後、後遺症はないし、再びムカデに噛まれたこともない。

だが、今回、この記事を書いていて、うまく言葉が出てこない際、無意識にコロコロを転がしていることに気づいた。

このコロコロ後遺症は残ったようだ。

まとめ

  • 家で寝ているときにムカデに噛まれた話
  • ネットには両極端の対処法が転がっている場合がある
  • 困ったときは専門家に聞こう
  • 「コロコロ」は株式会社ニトムズの商標登録です

《広告》
楽天市場

WordPress専用高速サーバーなら Z.com WP お名前.com ムームードメイン ★LOLIPOP★ wpX A8.netの申し込みページ 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − sixteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください