大阪北部地震(2018年6月18日)震度6弱のはじめての体験

当記事は、2018年6月18日に震度6弱を記録した地域で、ケガもなく、ライフラインの断絶もなかった住人の体験談です。個人的な体験談と、周りから聞いた体験談が混在しています。今回の地震により、亡くなられた方へのお悔やみと、被害にあわれている人へのお見舞いを申し上げます。

持っていたもの

  • 阪神淡路大震災と東日本大震災を震源から遠く離れたところで揺れを体感した経験

持っていなかったもの

  • 揺れている途中で緊急地震速報が鳴る経験
  • 余震が頻発する経験

2018年6月18日午前7時58分ごろ。大きな揺れが襲った。

思わず「ヒャッ」と声が出て、とっさにしゃがみ込んだ。

その時、何を考えていたか、そのあと何が起こったかの体験を備忘録的に報告したい。

地震が起こったときの状況

地震が起こったときは、月曜日の午前7時58分。様々な状況の人がいた。

通勤通学途中の人、勤務先に到着している人、家を出る前の準備をしている人、朝の予定を終えてテレビを見ている人、休みでまだ寝ている人。

そこに突然の揺れが襲った。

何もできないまま立ちすくむ人、声を上げてしゃがみ込む人、とりあえず屋外に逃げ出す人、目の前にあるものにすがりつく人、机の下に潜り込む人、周りの人の動きをまねようとする人、布団を頭からかぶりこむ人。

いろいろな人がいろいろな状況にあった。揺れている最中に、緊急地震速報が一斉に鳴った。携帯から、そして遠くの校舎のスピーカーから、鳴っているようだった。

間もなくして揺れは収まった。

地震が起こって揺られながら考えていたこと

私は、地震が起こったときは、驚いて思わず声が出てしまったが、状況を把握しようと努めた。

私のこれまでの地震経験は、

  • 小学生のころ、授業中、地震があって頭が真っ白になったが、同級生の「机の下に隠れろ!」という声で我に返り、机の下に隠れた。その時の同級生には子供ながらにスゴイと思うのと同時に嫉妬し、今度地震にあったときは冷静にいようと決心した
  • その後の震災の時は、ちょっと揺れてから大きく揺れることを体験した
  • 緊急地震速報が流れてからしばらくして揺れることを何度か経験した

こういった経験があったからこそ、パニックにならずに済んだ。

揺れたときはしゃがみ込んだが、頭を抱えながらとっさに今いる場所は上から何か落ちてこない場所なのかと思いながら、心持ち真ん中に移動するがほとんど動けなかった。

まずはこの場所で頭を守りながらうずくまりつつ、なぜか時間を見る。デジタル表示で7:58だった。

揺れている最中に、緊急地震速報が鳴った。

おどろおどろしく感じるメロディーだったが、一方で、揺れている途中から鳴ったということは、震源が近いと判断できた。そのことは少しほっとさせた。この揺れが震源地付近であれば後から第二波が届くことはないだろうという予測と、この揺れが仮に震源地付近でなければ巨大地震を想定させる事態だったが、それではないとも予測させたからだ。

(「後から鳴る緊急地震速報は意味がない」という人がいるが、私はそうは思わない。後から鳴ったということは、「震源地に近い」という情報と、「通信網は健在」という情報が得られるからだ。)

そして間もなく揺れが収まった。それほど長くなかったことから、震源地付近である予想が当たっていると予測された。

地震の揺れが収まった直後の行動

揺れが収まった後、まず確認したのは、ライフラインが生きているかということだった。

外にいる人は、信号機の電気がついたままなのを確認、家の中にいる人は電気やテレビが付いたままなのを確認することで、ひとまず安心した。

通勤通学途中の人は、無事にたどり着けるのかという心配と家は無事なのかという心配から、連絡を取ろうとするが、つながりにくく、メールやラインでとりあえずの一報を入れていた。

家にいる人は、とりあえずテレビやラジオを付けて、情報を入れようとした。

移動中で立ち往生した人もいれば、家の中でものが散乱し、立ちすくむ人もいた。

私の周辺では、けがをした人もなく、ライフラインが絶たれた人もいなかったので、危機的状況にはならなかった。この地震で、死者が出たり水道・ガスが止まったりしたところがあるという情報を知るのは、のちのテレビ報道でだった。

地震後の処理

移動中の人で、足止めされた人は、連絡と確認に追われた。

学校では、すでに登校していた人はグランドへ避難誘導され、今から登校してきた人はそのままグランドにいるように誘導された。間もなくして休校が決まると、保護者が直接迎えに来るように連絡が回された。

仕事場には、時間差で人が集まったりしたが、お子さんがいる人や立ち往生している人に対しては、無理して来れなくてもいいと、連絡をしたところもあった。取引先とは、状況が状況なので、納期についてはどこも融通を効かせてくれたところが多かったようだ。外回りの人も、まずは会社内の片づけや確認を済ませた。当日は、早めに切り上げたところも多かったようだ。

家にいる人は、食器や本、家具などが落ちたり倒れたりで、確認に追われた。食器が落ちて割れてしまったり、花瓶が倒れて水びだしになったり、仏壇の中のお供え物が飛び出したりと、ケガはなかったが、後片付けで大変だった人もいるようだ。

また、遠方からの知り合いや親せきから、午前中は安否の確認のメールが相次ぎ、午後からは電話が相次いだ。

私のところは、電気と水道は止まらなかったが、ガスは止まっていた。強い地震の時は自動でいったん止まり、自分で安全を確認後、解除しなければならないことは知っていたが、具体的な方法は知らなかった。その状況のまま、外にあるガスメーターへ行くが、ボタンらしきものが無いので、調べ直そうといったん退散する。ネットで調べようと、「大阪ガス 復旧」で調べるが、滞納でガスが止められて再開する方法ページに行ったので、他のページを見ようとすると、読み込み中が続いた。「そりゃ、こむだろうな」と思い、別のページで検索しようとすると、ガス協会のページが見つかり、そこに行くと、再開方法のページがあった。

一般社団法人日本ガス協会、HOME > 安全・安心への取り組み > ガスが止まったら。
http://www.gas.or.jp/anzen/gas-stop/
(参照2018-06-21)

読むと、スイッチはキャップで隠していることが分かった。あとは、指定された方法通り、ガス器具をすべて止めてから、ガスが漏れていないか、ガス臭くないかを確認し、キャップを外してスイッチを1回しっかり押して戻し、3分ほど待って、赤の点滅が消えたので、OKで、実際にガスを使えるようになった。
そのページを読むと、震度5相当の揺れの時は安全装置が働いて止まるということで、今回がまさに、それだけの揺れだったと実感した。

その後の状況

私の周辺地域では、ライフラインが止まらなかったので、買い占めや物資不足という切迫感はなかった。

当日と翌日は、夜中と明け方に余震が続いて、目を覚ますことがあって、なかなか眠れず不安な状況になった。余震の不安さはこれまでの震災のニュース等で聞いていたが、いざ自分が体験すると、その不安は、重くのしかかってくる。

だが同時に感じる恐ろしいことは、慣れだ。この記事は、地震から三日ほど経った時点の感想であるが、ちょっとぐらいの揺れなら、逃げようと思わないぐらいになっている。地震直後の片づけをしているときは、すぐ逃げれるように用意しておこう、とか、家具の固定等の防災グッズで備えようと、とかを真剣に考えていたのに、三日後の現時点では、もう大丈夫だろうという、根拠のない楽観をしている。

災害は、忘れたころであろうが、忘れていないころであろうが、やってくるときはやってくる。この記事は、それを忘れないための戒めとしておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください