「ポンタのクラッシュアイス!」の最新?攻略法(2020/02/14)

[2020/05/22追記:「ポンタのクラッシュアイス!」の現時点での当ブログでの最新記事は、”新ルール導入(2020/05/12)後の「ポンタのクラッシュアイス!」に一週間チャレンジした計測結果”(2020/05/22公開)です。]

[2020/04/30追記:「ポンタのクラッシュアイス!」では、2020/05/12のメンテナンス以降、いくつかのルール変更が行われる予定です。(当ブログ記事”「ポンタのクラッシュアイス!」の新ルール(2020/05/12予定)の影響を考察する”ほかを参照)。当記事の数字等も、いくつか古いものになってしまいますが、プレイスタイルなどそのまま参考になる面もあり、また、当時のプレイ内容を記録しておくためにも、そのまま残しておきます。]

ブラウザ上で遊べるパズルゲーム「ポンタのクラッシュアイス!」(株式会社CMサイト)。

もともとは、「ポンタのゲームランド」グループの中のミニゲームの一つに過ぎなかったが、そこから独立し、「ポンタのゲームランド」が終了(2019年8月22日終了、当ブログ記事””Pontaゲームランド終了のお知らせ”を聞いて思ったこと”参照)した今でも楽しむことができる。

当ブログでも、何度か、個人的な攻略記録を残してきたが、既に1年以上たっている。(当ブログ記事”「ポンタのクラッシュアイス!」が新しくなってどうなったのか”、”新しくなった「ポンタのクラッシュアイス!」を初心者がいかに攻略したか”を公開したのは2018年の11月のこと。)

基本的には個人的な攻略法は変わってはいないのだが、この間、動作環境?が更新されたこともあって、操作性が悪くなった感触がある。(個人のPC環境による個人的な感想です)。

今回は、そういった変更点も含めて、改めて、「ポンタのクラッシュアイス」について、現時点での攻略法を考えてみたい。

注)当記事は、素人の初心者が四苦八苦してクリアした記録であり、裏ワザ的な手法は使っていません。したがって、楽にクリアできる情報を求めている人には、この記事は何の役にも立ちません。せいぜい、お知らせに載っているような「推奨環境でプレイしろ」「(自己責任で)ブラウザのキャッシュを消去しろ」程度のアドバイスしかしてませんのであしからず。

参考サイト
”ポンタのクラッシュアイス!”
http://ponta.crashice.jp/gamemain/main

Ponta Web登録とログインが必要。
内容の感想は、2020/02/14時点のもの。

「ポンタのクラッシュアイス」(運営会社「株式会社CMサイト」)の個人的なゲーム結果のスクリーンショットの切り抜き(2018/11/06)。プライバシー保護のため一部画像を修正しています。スイマセン、本来なら最新の結果を載せるべきですが、改めてゲームを皆勤するのはつらいので、過去のスクリーンショットでご勘弁を。

1.「Adobe Flash Player」サポート終了(

予定)に伴う影響

ブラウザゲームなどでよく使用されている(されていた)「Adobe Flash Player」(Adobe)が、2020年中でサポートを終了するということは、だいぶ以前から言われてきた。

「Flash Player」を使用しているブラウザゲームは、そのサポート終了に向け、他の環境(HTML5など)への移行が進められ、スムーズに移行が完了したしたものもあれば、未だ移行作業の途中だったり、これを機会にゲームの提供を辞めたものもあるようだ。(2020年2月現在の個人の感想です)。

「ポンタのクラッシュアイス!」でも、この移行が行われたようだ。変わった直後は、画面表示や操作性に違和感があったのは確かで、やりづらくなった印象を持った。

ただ、個人的なプレイでは、目標とするスコアをクリアすることは可能なままだったので、特に不満は感じず、理由が理由だけに仕方がないかなという感じで受け入れた。また、他のブラウザゲームでは移行にうまくいっていないのがうかがえるケースを見てきたので、それと較べればまだマシか、いう程度の感想だったので、当時は、わざわざ記事にしなかった。

2.「ポンタのクラッシュアイス!」の基本的な個人的攻略法

ところが、最近になっても、1年以上前に書いた「ポンタのクラッシュアイス!」の記事に訪問してくれる人がいて、それはそれでありがたいのだが、内容が移行前のものなので、「なんか変わった?」、「操作性が以前と違う」といった人の疑問には答えられておらず、申し訳ないと思うようになった。そこで、新たに記事を書くことにした。

冒頭に述べたように、基本的に個人的な攻略法は変わっていない。改めて整理すると、目的に応じて、

「時間は度外視して期間内の最大アイスを獲得したい」→ミッションチャレンジ+スコアチャレンジ
「時間がないから1回だけのプレイで効率よくアイスを獲得したい」→スコアチャレンジのみ

の二つの取り組むパターンが考えられる。

そしてそれぞれの基本的な攻略方法は、

「ミッションチャレンジ」攻略
一期間内の制限である計150アイスの手前の140アイスになるようにミッションを調整して獲得した後、最後に30アイスのミッションを成功させ、期間内の最大獲得可能な170アイスを獲得。
アイテム使用やミッション選択は個々人の実力や状況に応じて。

「スコアチャレンジ」攻略
アイテムはすべて使用。スタートと同時に10秒プラスを使い、あとはひたすら途切れないようにアイスを消し続け、残り10秒を切る前に、「score×2」アイテムを使い、その効果が活きているうちに、さらにコンボを続けながら、「スライディング」と「ペンギンジャンプ」のアイテムをタイミングよく使い切り、最大アイス獲得となる60万点越えを目指す。

とまとめられる。

[それぞれの個人的成功率や、1週間で最大獲得可能なポンタ数、時間効率などについては、(2018年11月時点の情報であるが)”新しくなった「ポンタのクラッシュアイス!」を初心者がいかに攻略したか”を参照]

3.バージョンアップ?後の「ポンタのクラッシュアイス!」の操作性の細かな注意点

(FlashからHTML5への移行をバージョンアップと呼んでいいものかどうかわからないが)「ポンタのクラッシュアイス!」ではバージョンが変わったことにより、操作性に微妙な違いが生じた。(個人のPC環境による感想です)

以前よりも、反応が少し遅かったり、意図したように反応しない時があったりで、全体的に重く感じた。ここでは、そういった細かい点について、列挙していく

(以下は、現時点での個人のPC環境によるプレイ結果の感想であり、バージョンアップ前にも生じていたのにその後に気付いた可能性があるものも含まれます。)

・全体的に重い(印象)

少なくとも私の環境では、移行前と移行後では、プレイ中の動きが違うように感じられた。

移行前でも、ちょっとした時間差を感じるときはあったものの、プレイを妨げられているほどの印象はなかった。その一方で移行後は、時折、動きが遅く感じられる時があり、特に、アイテムの重ね使用の場合は、急にスローモーションになることがあった。スコアチャレンジでは、最後の10秒の間にアイテムの重ね使用で高得点を積み上げる手法をよく使うのだが、この処理が遅くなったからなのか、以前ならスムーズに処理されて得点が加算されるタイミングだったのに、ゆっくりと動いている間に時間が過ぎ、得点が加算されないうちにタイムオーバーすることがよく起こった。(また、画面表示の面でも、タイムオーバー後すぐに画面が切り替わらないため、画面表示では得点が加算されて直前の画面ではクリアしていても、実際にはタイムオーバーでクリアしてないと判定されることもある。)

また、パソコン自体が重い場合(ブラウザで他のタブをいくつも開いていたりYoutubeなどをBGMとして流したままにしたり、他のソフトが動いたままの場合)、どこかのタイミングで急に重くなったりすることもある。こういった個人のPC環境が原因の「重さ」に関しては、一般的な対策、「推奨環境でプレイ」・「(自己責任で)パソコンのクリーンアップ」、といった当たり前の対処法しか提案できない。

・一度クリックしたアイスは(基本的に)選択を解除できない

(以下は「マウスでプレイ」している、個人的なPC環境によるものです)

「ポンタのクラッシュアイス!」をプレイしていて、アイスが思ったように動かないことが、時折ある。動かしたつもりがないのに動いたり、意図した方向に動かなかったりすることが、たまにある。

初めの内は動作不良かと思っていたが、どうやら、もともとそういう風になりやすい操作システムであるようだった。

てっきり、ゲーム画面上のアイスを動かすには、ドラッグで動かす(左クリックを押したまま上下左右のどれかの方向に動かす)かと思っていたが、実際には、アイスをクリックした後、そのクリックを放した状態でもマウスの動きで、アイスも動いていた。

したがって、いったんクリックしてしまうと、クリックしたままでもしていなくても次のマウスの動きの方向に反応する。ドラッグで動かしていると思っている人にとっては、ドラッグをしてないのに動いたと思って驚いてしまい、これが動作不良だと思ってしまった原因かもしれない。また、マウスの設定にもよるが、クリック後にマウスをそれほど動かしていないつもりでも、上下左右のどれかの動きに反応して動くことがあり、これも意図した方向に動かなかったとして認識された可能性がある。

マウスの動きに問題があるようであれば、マウスの設定を変える必要があるかもしれない。

また、上記では「(基本的に)選択を解除できない」と書いたが、盤面の四辺にあるアイスの場合は、いったんクリックしても、壁がある動かない方向に動かして盤面から外れれば、選択は解除されるようで、これは例外だと言える。

基本的には、クリックしてしまえば、そのアイスを動かさなければ次の動作へ移れない、と認識しておくべきだろう。

ただ、ドラッグがぎごちない人は、むしろドラッグを意識せず、「クリック(クリックボタンから指を離す)+マウス移動(上下左右)」で動かした方がスムーズに動かせる場合もあるので、試してみるのもいいかもしれない。

・処理前に動かす(処理が遅い)

これは、先に述べた「全体的に重い」という点と重なるが、全体的に重いがゆえに前の処理が行われている途中に、次の操作を起こすことができることがある。

処理が遅くなったことにより、次の一手を打つまでの余裕ができたと見ることもできるが、実際にはデメリットの方が大きい。特に、ミッションの多くやスコアチャレンジでは、いかにコンボ数を増やすかがポイントとなるため、処理が遅いと、一つ一つのコンボが積みあがっていっても、思ったほど積みあがらずにクリアできないことがある。「以前はクリアできて、今回もノーミスでやっているのにクリアできないのはなぜだ?運営者側が調整しているのでは?」という意見ももっともで、私もクリアの難易度が上がったように実感してそれを疑ったことは何回もある。

ただ、実際に起きていたのは、「処理速度の遅さによるコンボ数の積み上げ数の減少」だったと見るのが、妥当であろう。

以前の処理速度であれば、一手動かした後のアイスの自動的な動きがスムーズに行われ、その動きが終わってから次の一手、というようにをつなげていけば、ノーミスであればクリアできた感触があった。ところが、移行後の処理速度では、アイスが動き終わるまで待っていると、処理速度が遅いため、ノーミスであっても知らず知らずのうちに、全体的なコンボ数が減ってしまっている。

そのため、クリアするためには、アイスが動ききるのを待つ前に、先に動かしてコンボを重ねなければならなくなった、と認識すべきだろう。

もちろん、これもタイミングが重要で、動いている途中で次のアイスを動かしても3つそろったと認識してくれなかったり、遅すぎてそろえるはずのアイスが消えた後の状況だと判定されてしまったり、予測して動かしたもののスペシャルパーツが予想しなかった位置に出て予定を狂わされたり、などのずれが生じる。しかも処理速度の問題なので、このずれが常に一定とは限らず、状況に応じて異なるので、この意味では難易度は上がったと見ていいだろう。

またこの点で注意したいのは、アイテムの重ね使用によるタイミングだ。以前は、アイテム「スライディング」と「シロクマジャンプ」をテンポよく重ね使用することで高得点が獲れたのだが、処理速度の状況により、思ったほど取れないことがよくあった。同じようなタイミングで重ねたつもりでも、「スライディング」でアイスが消えた後に「シロクマジャンプ」が空打ちをしているような形になることがあるようだ。かといって間隔を置いてアイテム使用をしても、終盤に使用することが多いので、処理に時間が掛かり過ぎてタイムオーバーしがちだ。スコアチャレンジをクリアするには、コンボを制限時間いっぱいまで積み上げて、最後にスライディングとシロクマジャンプでアイスを大量に消すのがベストだが、どちらかが空打ちしないようなタイミングをつかむことも重要だろう。

4.現時点での攻略法のまとめ

「ポンタのクラッシュアイス!」については、バージョンの変化により、操作性が変わったが、基本的には攻略方針は変わっていない、というのが個人的な結論だ。

ただ、バージョンが変わったことにより、細かな点で難易度が上がったとみている。

そのため、以前と比べて、操作性の変化や、PC環境の状況により変化する処理のスピードに注意しながら、

アイスが動き終わる前に次の一手を重ねて行く

ことが以前よりも求められる。

もちろん個人のPC環境や、プレイ能力に左右される面が大きいので、個人のプレイを重ねて行くことが一番重要だ。

最後に念のため、この手の記事で必ず述べることで締めたい。

たかがゲームだ。ポイントなんて気にするな。


《広告》
楽天市場

WordPress専用高速サーバーなら Z.com WP お名前.com ムームードメイン ★LOLIPOP★ wpX A8.netの申し込みページ 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください