「ポンタのゲームボックス2」一周年の個人的感想

「ポンタのゲームボックス2」が一周年を迎えた(気がついたら迎えていた)。一周年おめでとうございます。

ブラウザゲームでは、何かにつけてキャンペーンをするもので(個人の感想です)、「〇周年記念で期間限定ログインボーナス!」「期間限定ポイントアップ!」といった言葉が躍るものだが(個人の感想です)、「ポンタのゲームボックス2」では、一周年を連想させるような動きは全くなかった。(個人の確認です)

そんな寂しい?一周年だったので、日ごろお世話?になっている当ブログだけでも、取り上げて記事にしたいと思う。(余計なお世話)

参考サイト
GMOメディア株式会社、”ポンタのゲームボックス2”、https://ponta.gesoten.com/easygame

Ponta Web登録とログインが必要。
内容の感想は、その当時の個人的なPC環境によるものです。

1.あれ、いつの間にか一周年が過ぎている・・・

一周年になっているのに気づいたのは、私のスケジュール帳に「2/20ポンタのゲームボックス2一周年記念日」と書いてあった・・・わけではなく、たまたまだった。

2/25の夜、なんとなく、ポンタのゲームボックス2を開いて、時間つぶしで最近よくやっている、「ポコポコガーデン」をプレイした。
(「ポコポコガーデン」は、現時点では、獲得抽選券の効率はあまり良くないという個人的評価だが、時間つぶしに楽しめるのと、ゲームプレイの結果の蓄積でより有利になる要素があるので、プレイをする個人的な優先順位は高い方だ。)

プレイ結果は、最低獲得抽選券の3枚が得られる程度のスコアだったが、もらえるものはもらっておこう、と思い、プレイ結果の画面が開くのを待っていると、見慣れない動きが。

何かを読み込むような予期しない動きだったので、一瞬、ウイルスかと疑った。

すると次の画面では、見慣れていないけど、結果表示と思われる画面が。

「ああ、表示方法を変えたのか」

と独りで納得した。

「ポンタのゲームボックス」(GMOメディア株式会社)での個人的なプレイ画面のスクリーンショット(2020/02/26撮影)を切り抜き、一部画像を修正して、画面の変化が分かるようにした上で、個人的感想をつけました

うろ覚えだが、25日に日付が変わった深夜の時点で、寝る前に、ポンタのゲームボックの「キラキラマジックパズル」をプレイした時には、この画面にはなっていなかったように、記憶している。
(「キラキラマジックパズル」については、個人的な現時点での評価は、ゲームプレイの結果の蓄積次第では、抽選券の獲得効率は良い方だと考えている。ただし、面を進めたりアイテムを貯めるなど、前もって、同じPCの同じブラウザでプレイをして、Cookieの記録を蓄積しておく必要がある。)

ということは、25日の日中にプレイ結果の表示の仕様が変わったと判断できた。

それだけのことなのだが、備忘録的にメモを残しておこうと思ったので、当ブログの「ポンタのゲームボックス2」の個人的プレイ結果についての記事に、追記しておくかと、まとめページの記事を開くと、

2019年2月20日に新しくなった「ポンタのゲームボックス2」。

「ポンタのゲームボックス2」のミニゲームを初心者が真剣にやってみた0―まとめページ(随時更新中)”、[公開:2019/03/18 更新:2020/02/17]。(参照2020-02-26)

と、冒頭に。

自分で書いた記事なのだが、この時、ようやく、

「2月20日で一周年だったんだ・・・」

と気づいた。

この時点で、既に一周年から五日過ぎていて、誰にも気づかれず誰も取り上げていないので(個人の確認です)、せめて私だけでも取り上げてあげようと思い、これまでの個人的プレイ結果等を振り返ることで、新たに記事にすることにした。(余計なお世話)

2.この一年での変化

「ポンタのゲームボックス2」で、この一年間に起こった変化を、個人的に覚えている範囲で列挙していく。

ゲーム種類の増加

この記事を書いている時点(2020/02/26現在)で、「ポンタのゲームボックス2」にあるゲームは71本ある。(同ページの「ゲーム一覧」を参照。2020/02/26現在の個人的な確認。)

オープン当初の個人的な記録を残していないので、正確な数字は分からないが、その当時の記事に掲載したスクリーンショットを見直すと、「50種類以上の無料ミニゲーム」といった表記があり[当ブログ記事「ポンタのゲームボックス2」にリニューアルして初心者が戸惑ってから5日経っての個人的感想]、また、私個人のまとめ記事(前出)でも、「現時点で60本のゲーム[2019/03/12時点での個人の確認]」とあるので、この一年で10種類以上、ミニゲームが増えたと言える。

一部ゲームでの獲得抽選券枚数の変更

オープン当初は、いずれのゲームも、一回当たりの抽選券の最大獲得枚数は20枚だったように把握しているが、突然、「BOAT RUNNER」のみが、最大獲得枚数が20枚から10枚に半減されていた。個人的にはアナウンスされた記憶はなかったので、正確な変更日時は不明だが、私個人のまとめ記事(同上)では、2019/10/18時点では、既に半減が確認されていた。

また、2020/01/27には、今度は事前のアナウンス付きで、さらに8種類のゲームで半減されている。(現在はお知らせが確認できなくなっているため、個人的なまとめ記事(同上)での確認)。

一部ゲームでのスコア設定の変更

抽選券獲得が可能なスコアが、オープン当初と比べて、変更されているのが、個人的に確認した。

正直に言って、すべてのゲームをしているのではなく、やっていても気づかなかった可能性もあり、これがすべてだとはとても言えないが、私個人が確認した範囲では、「マス埋め計算ゲーム」と「オワタパンダのなわとび」の抽選券最大獲得可能なスコアが、いつの間にか、上げられていた。

補足:同種サイトで削除されたゲームが、「ポンタのゲームボックス2」では存続したまま

この点については、変化ではなく、「変わっていない」ことになるが、見逃すことができないことだと思うので、取り上げておきたい。

「ポンタのゲームボックス2」は「ポンタ」の名を冠しているものの、それぞれのミニゲーム自体は、一般的なものでポンタに縛られるものではない。そのため、他の同種のポイントサイトでほぼ中身が同じのミニゲームコーナーがあっても、権利問題が解決していれば、何の問題もない、といっていいだろう。

その同種サイトの一つが、読売新聞の会員サイトのにある、「よみぽランド」の「よみぽランドゲーム」(株式会社読売新聞東京本社)である。[読売新聞オンライン、https://www.yomiuri.co.jp/。ID登録が必要。]

この「よみぽランドゲーム」は、「ポンタのゲームボックス2」のオープン後に登場したが、初めて見たときは、サイト名の部分と一部配色が異なるぐらいで、レイアウトやゲーム種類はほぼ同じである印象を受けた。(個人の感想です。)

ところが、その後、「よみぽランドゲーム」では、一部のゲームが、突然削除されていた。(この経緯については、姉妹サイトのブログ記事”「読売新聞オンライン」内の「よみぽランド」のミニゲームの描写がひどくてすごい”参照)。

一方、それらゲームは、今でも、「ポンタのゲームランド2」ではプレイできる状態にある。(2020/02/26現在)。

運営会社が異なるので、一概には言えず、またこの点を強調すること自体が、新たな差別を生み出しかねないことから、今回はこれ以上、語るつもりはないが、この違いについては、今後も問題となる可能性があるかもしれない。

3.この一年での個人的プレイ結果

せっかく一年という区切りなので、個人的なプレイ結果についても、確認できる範囲でまとめておきたい。

2020/02/20時点での個人的プレイ記録
総獲得抽選券枚数:41,684枚
抽選券くじ使用枚数:12,000枚
獲得ポンタ数:143Pontaポイント
獲得スコアブースター:7個(→現時点ですべて使用済み)

[個人的なプレイ記録と履歴から算出。2020/02/26確認]
[2020/02/28追記:後で思い出しましたが、私個人は、前身の「ポンタのゲームボックス」で得たハッパーは終了前にほとんど交換済みですが、端数の一部残ったハッパーは抽選券に変換されて引き継がれたため、その端数分も上記の「総獲得抽選券枚数」に含まれています。]

一年間で、抽選券を、41,684枚獲得して、既に12,000枚使用したので、手元に残っているのは、29,684枚である。(2020/02/20終了時点の個人的な結果)

言ってみれば、一年間、毎日数十分も時間を割き、研究を重ねて、何万回とクリックした成果が、交換済みの143ポンタポイントと、まだポンタへの未交換の抽選券約30000枚だ。クジ運次第な面もあるが、「100抽選券=約1Ponta相当予想」としても、1年で440ポイントぐらいだと推計できる。(抽選券のポンタ換算推計については、個人的なまとめ記事参照。あくまで、現時点での個人の計測結果による個人的な予想です)。日当換算すれば、一日1Pontaちょっととなる。

改めていつもの言葉を言っておきたい。

ポイントなんて気にするな。たかがオマケだ。

(まとめ)次の一年はどうなる?

個人的な記録でいえば、一年で約40,000枚の抽選券を得たことになる。

次の目標は、現時点で持っている抽選券と合わせて10万枚貯めて、一挙にまとめてくじを引くことだが、このペースだと、あと1年半はかかることになる。

だが、この1年半という数字も相当厳しい。

なぜなら、一部ゲームでは抽選券の最高獲得可能枚数は半減しており、この対象は増えることはあっても減ることはないように思える。また、比較的取りやすいゲームについても、随時見直しで、スコアの難易度がいつ上がっても不思議ではない。さらに、「今日のミッション」では、途中から「5種類のゲームをプレイ」などの種類が増えたものの、全体的にはミッション数が減っている印象で、抽選券の獲得ペースは、当初より厳しくなっている。(個人の感想です)

個人的なプレイペースにしても、当初の、「すべてのゲームを制覇して、どのゲームが一番獲得効率がいいか調べてやる」、といった意気込みは続かず、今では、「とりあえず次のゲームの計測対象はどれにしようか(メンドクサイなー)」と迷っている状態だ。

抽選券の難易度的にも、個人的な意欲的にも、獲得ペースは大きく後退している。1年半後に抽選券10万枚に達している可能性は限りなく低い。

一年後、二周年の記事を書いている予感は全くしないが、せめて三周年の時には、「ポンタのゲームボックス2」も存続していて、10万枚の抽選をして、その結果を報告できればいいなあ。(願望)


《広告》
楽天市場

WordPress専用高速サーバーなら Z.com WP お名前.com ムームードメイン ★LOLIPOP★ wpX A8.netの申し込みページ 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 12 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください