「ポンタのゲームボックス2」の「波乗りギャル男」を初心者が真剣にやってみた12

「ポンタのゲームボックス2」の中のミニゲーム「波乗りギャル男」。

以前取り上げた「イケメンギャル男」に続く「ギャル男シリーズ」第二弾。舞台は海で、サーフィンで波に乗って次の島を目指す。一方的に動いている「ギャル男」をターンさせることで、障害物を避けたり、アイテムを取って有利に進めたりしながら、後ろから追いかけてくる大波にさらわれないように先へ進む。「イケメンギャル男」がゲーム表現が「いかがなものか」と思わせる作品だったのに比べれば、「波乗りギャル男」は、キャラクターも設定もオーソドックス。[「イケメンギャル男」の問題点については、”「読売新聞オンライン」内の「よみぽランド」のミニゲームの描写がひどくてすごい”を参照。]

そんなミニゲームを、雀の涙程度のポイント欲しさに、初心者が真剣にプレイした結果を、報告したい。

(ゲーム詳細より)

波乗りギャル男
先輩のために海を渡れ! ジョーズにサメを避けろ!
#アクションゲーム

GMOメディア株式会社、”ポンタのゲームボックス2”、https://ponta.kantangame.com/easygame/

Ponta Web登録とログインが必要。
内容の感想は、その当時の個人的なPC環境によるものです。

[公開:2019/07/02]

[2020/07/05追記:「ポンタのゲームボックス2」で2020/07/02に行われた変更により、当記事での一部の数字は最新のものではなくなっています。当記事での一部の数字は、公開当時の数字で、現時点では異なることを追記しておきます。]

「波乗りギャル男」のゲーム内容

以前取り上げた、「イケメンギャル男」(当ブログ記事”「ポンタのゲームボックス2」の「イケメンギャル男」を初心者が真剣にやってみた8”)の続編とでもいえるゲームで、主人公の「ギャル男」が気まぐれな「先輩」の指示に右往左往する、という「ギャル男シリーズ」の特徴を踏襲している。

「イケメンギャル男」との違いを上げていくと、

  • 「イケメンギャル男」の舞台が海岸や町などの陸地だったのが、「波乗りギャル男」では、舞台は海
  • 「イケメンギャル男」は走っていたが、「波乗りギャル男」はサーフィン
  • 「イケメンギャル男」は前後の動きで3Dを表現していたが、「波乗りギャル男」は左奥から右手前という形で、3Dを表現

といった点があげられる。

出てくるキャラクターは、主人公「ギャル男」や「先輩」等、前作から引き継いでいるものがあるが、「アイテム」や「障害物」は「波乗りギャル男」で新たに出てきたもので、障害物の設定がサメになっていて、海の設定にも合っている。(「イケメンギャル男」が「いかがなものか」と思わせるものだったことと比べれば、全く違和感がない設定になっている)。

いくつかのステージに分かれており、島に到着するごとにボーナス点が付く。

特定の幅の中で、サーフィンをクリックでターンさせて、障害物となるサメを避けながら、先に進む。途中で出てくるアイテムは、取るとスピードが上がったりして有利になるものもあれば、不利になるものもある。

ターンをせずに端っこに当たったり、避けられずにサメに当たったりすると、サーフィンから落ちてスピードも落ちていく。また呪いのアイテムを取った場合もスピードが落ちていく。後ろからは大きな波が追ってきており、次の島に到着する前に、波に追いつかれたらゲームオーバー。

場合によっては、最初の携帯の画面にアイテムが表示されることがあり、そこでスタートすれば、そのアイテムの効果を受けるようだ。

得られる抽選券は、150000点で20抽選券、40000点で5抽選券、10000点で3抽選券。[2019/07/02時点の個人的な確認]

「波乗りギャル男」を初心者がプレイした計測結果

計測期間:2019/5/27~6/5

目標スコア(一日当たり):抽選券5×3回+今日のミッション10

プレイ時間(一日当たり平均):7分14秒

ミッション獲得のための追加プレイ時間(一日当たり):9分44秒

通常プレイ獲得効率(獲得抽選券/プレイ時間):2.08枚/分

ミッションを含めた獲得効率(獲得抽選券/プレイ時間):2.39枚/分

[2019/07/02時点の個人的な計測結果のまとめ]

基本的な計測方法・他ゲームとの比較(随時更新中)については、
当ブログまとめ記事
「ポンタのゲームボックス2」のミニゲームを初心者が真剣にやってみた0―まとめページ(随時更新中)

初心者なりの「波乗りギャル男」の攻略法

基本的なゲーム内容は、「イケメンギャル男」と共通しているところが多いので、その時の攻略法が参考になる。

「イケメンギャル男」では、

遠近感や当たり判定の範囲が分かりにくく、慣れが必要

としていたが、「波乗りギャル男」は、それ以上に慣れが必要となる。

  • 左奥から右手前の斜めから見た3D表現
  • 活動可能な波の範囲
  • キャラクターのサーフィンの形や障害物のサメの形

などは、前作以上に当たり判定が分かりにくく、慣れるまでには相当な時間が必要だと思われる。

ノーミスで行ければクリアに近づくだろうが、途中でアイテムを取ってスピードを上げないと、いつかは波に追い付かれてゲームオーバーになるようだ。そのため、サメの間をすり抜けるだけでなく、アイテムを取っていく必要がある。途中でミスしでも、アイテムを次第でカバーできる要素はあるが、アイテムはランダムに出てくるため、運の要素が強い。障害物を避けながらアイテムを取らなければならないため難易度は高めと言っていいだろう。

私は、何度もプレイしたが、必ずどこかでミスをしてしまい、一度も完走することができなかった。そのため、最大抽選券獲得20枚を目指せる150000点は無理だと諦め、5抽選券の40000点を目標とするのが限界だった。

したがって、

自分のクリアできる目標を設定する

ようにした方が効率がいいだろう。

もちろん回数をこなせば、有利なアイテムが出る場合もあり、上達することもあって、最大獲得を目指せる確率は高くなるだろうが、私がやった限りでは、その壁は相当高く感じ、割り切った方が効率的だと判断した。この辺りは、個人個人の実力にあった対応をするしかないだろう。

また、「今日のミッション」については、「10回プレイ」となっている[2019/07/02現在]。これは、クリアできる目標を設定し、結果的に10回以上プレイしていれば、そのまま追加プレイ無しで、ミッションを獲得すればよく、反対に、10回以内にクリアした場合は、残りの回数を消化することになる。プレイの消化自体は、そのままにしておけば波に追い付かれてゲームオーバーになるので、ただ待つだけでよい。

したがって、個人的な「波乗りギャル男」の攻略法としては、

・だいたい10回のプレイすれば少なくとも3回は抽選券を獲得できそうな目標を設定
・抽選券を3回獲得できてまだ合計10回プレイできてなければ、残りを消化してミッションもクリアする

というのが、現時点の自分の実力に応じた結論になるだろう。

「波乗りギャル男」総評

「波乗りギャル男」は、前作の「イケメンギャル男」と比べれば、ゲーム内容の表現も問題なく、設定も自然で違和感もない。

一定方向に動き続けて、端に行く前にターンが必要という「ギャル男」シリーズの設定は、サーフィンという形が一番合っており、障害物の設定も分かりやすく、問題になるようなものでもない。

たが、冒頭で引用したブログ”「読売新聞オンライン」内の「よみぽランド」のミニゲームの描写がひどくてすごい”で確認したことだが、「ポンタのゲームボックス2」と類似のミニゲーム群「よみぽランド」では、いつの間にか、「イケメンギャル男」が削除されていたが、同時に、「波乗りギャル男」も削除されていたようだ。[2019/07/02時点の個人の確認]

いつ削除されたのかも、削除された理由も載っていないため、断定はできないが、「イケメンギャル男」に表現の問題があって削除され、「波乗りギャル男」については同じ「ギャル男」シリーズだから一緒に削除されたと見るのが自然だろう。

「ポンタのゲームボックス2」では、両方とも存在したまま[2019/07/02時点]なので、真相は分からないが、「波乗りギャル男」も、いつ削除されても不思議ではないように思える。

「波乗りギャル男」単独で見た場合は、設定も合っていて、分かりやすいゲームなのに、「イケメンギャル男」のとばっちりを受ける可能性は高いと思われる。

ただ、個人的には、「波乗りギャル男」のゲームの難易度は高めで、最大抽選券獲得を目指すのは難しいとみているので、突然削除されたとしても、残念感は正直言って、あまりないだろう。

以上より、「波乗りギャル男」は、分かりやすい設定で、クリックしてターンする操作をするだけのお手軽なゲームだが、当たり判定には慣れが必要で、最大獲得抽選券を目指すには難易度が高めだ。「ギャル男シリーズ」は、「イケメンギャル男」のゲーム表現が問題視され、そのとばっちりでいつ削除されてもおかしくはないが、最大抽選券獲得は難しいので、優先度はあまり高くなく、削除されても残念だとは思いづらいゲーム、というのが現時点での個人的な評価である。

《広告》
楽天市場

WordPress専用高速サーバーなら Z.com WP お名前.com ムームードメイン ★LOLIPOP★ wpX A8.netの申し込みページ 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − six =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください