「ポンタのゲームボックス2」の「夜空のキャンパス」を初心者が真剣にやってみた5

「ポンタのゲームボックス2」の中のミニゲーム「夜空のキャンパス」。

左右から流れてくる花火の球を、下に固定された砲台から火花を打ち上げて当てることで、花火が開き得点を競うゲーム。開いた花火が、他の花火の球にあたることで連鎖して花火が開いて高得点が狙える。アイテムに当てれば、砲台が増えたり、制限時間がプラスされたりすることも。

そんなゲームを、(雀の涙ほどの)ポイント欲しさに、初心者が、プレイした結果を、報告したい。

(ゲーム詳細より)

夜空のキャンパス
左右から飛んでくる火の玉めがけて、大砲発射で夜空に花火を描こう!!
#シューティングゲーム

GMOメディア株式会社、”ポンタのゲームボックス2”、https://ponta.kantangame.com/easygame/

Ponta Web登録とログインが必要。
内容の感想は、その当時の個人的なPC環境によるものです。

[公開:2019/04/27]

[2020/07/05追記:「ポンタのゲームボックス2」で2020/07/02に行われた変更により、当記事での一部の数字は最新のものではなくなっています。当記事での一部の数字は、公開当時の数字で、現時点では異なることを追記しておきます。]

「夜空のキャンパス」のゲーム内容

このゲームは、前身の「ポンタのゲームボックス」内のミニゲームの一つとして存在していたので、私にとっては初見ではない。また「デイリーミッション」の対象ゲームの一つであったので、数の多いミニゲームの中では、比較的、数多くプレイをした経験がある。

私も、前身ブログで「夜空のキャンパス」は、「デイリーミッション」の中のゲームの一つとして記事にしている。

「ポンタのゲームボックス」のデイリーミッションに初心者がいかに取り組んだか[2018年1月17日公開]

http://t-hajime.webstarterz.com/ponta-gamebox-dailymission-kouryaku/(参照2019-04-27)

ゲーム内容も、その時と変わっていないようだ。

左右から流れてくる花火球ともいえる物体に、下の砲台から火花を発射して、ぶつけて花火を咲かせ、さらにその広がった火花で他の花火も咲かせるゲーム。決められた時間内に、どれだけ花火を開かせるかで得点を重ねる。砲台は固定されていて、クリックすると真上に発射するのみで、画面上に火種が上っている状態の中では連射はできない。右左のどちらかも現れて水平に移動していく花火玉にタイミングを合わせて当てて花火を開かせる。何種類かの花火のうち、砲台が増える玉があり、それに当てると、1台ごと砲台が増えていくが、最大3台までで、それ以降は当てるごとに制限時間が増えるようだ。初めは背景がビル街だが、途中、五重塔の背景に代わることがあり、変わると得点設定が上がる模様。(前回、記事を書いたときも、背景が変わる条件が不明だったが、今回もいまだに条件が分からないままだ)。制限時間が過ぎればゲーム終了。

得られる抽選券は、400000点で20抽選券、125000点で5抽選券、50000点で3抽選券。[2019/04/27時点の個人的な確認]

「夜空のキャンパス」を初心者がプレイした計測結果

計測期間:2019/3/30~4/7

目標スコア(一日当たり):抽選券「20×1、5×2」+今日のミッション10

プレイ時間(一日当たり平均):20分55秒

ミッション獲得のための追加プレイ時間(一日当たり):4分27秒

通常プレイ獲得効率(獲得抽選券/プレイ時間):1.15枚/分

ミッションを含めた獲得効率(獲得抽選券/プレイ時間):1.34枚/分

[2019/04/27時点の個人的な計測結果のまとめ]

基本的な計測方法・他ゲームとの比較(随時更新中)については、
当ブログまとめ記事
「ポンタのゲームボックス2」のミニゲームを初心者が真剣にやってみた0―まとめページ(随時更新中)

初心者なりの「夜空のキャンパス」の攻略法

前回、「ポンタのゲームボックス」でのデイリーミッションの攻略記事を書いたとき、「夜空のキャンパス」については、

正直言って、お手上げだ。

「ポンタのゲームボックス」のデイリーミッションに初心者がいかに取り組んだか(参照2019/04/27)

という、身もふたもないものだった。そしてその感想は、「ゲームボックス2」になった今でも変わっていない。むしろ、デイリーミッションの条件が厳しくなったため、お手上げ度はより上がっている。

基本的には、タイミングよく花火玉に当てつつ、アイテム玉を取ることで、台数を上限の3台まで増やし、さらに追加で当てることで制限時間を延ばしながら、より多くの花火を発生させることで、高得点を狙う。

だが、背景が、最初のビルのシルエットのままだと、いくら花火を発生させても、高得点は望めず、抽選券最低獲得スコアのクリアすらも難しい。背景が、五重塔のシルエットに代わると、点数が積み上げられやすく、ようやく目標スコアを目指せるという状況だ。

ただ、その背景が変わる条件が、全くの不明で、手ごたえが全くない。

かといって、背景が変わるかどうかはプレイ中でないとわからないので、リセットすることもできず、最後までやることになる。

今回は、「今日のミッション」が合計得点2000000点だったので、毎日その得点になるまでゲームを重ねたものの、最短で9回、最長で21回プレイが必要になり、かつ、一日に3回、最高獲得抽選券を目指すのは難しかった。個人的な集計結果からの結論だが、今日のミッションである合計得点2000000点を超えるまでに、20抽選券が取れれば確実にとり、そのあとは、200000点を超えるまでに。頃合いを見て、5抽選券が2回取れれば、効率的だと判断した。[当時の個人的な環境による結果です]

残念ながら、「夜空のキャンパス」に対する攻略法は、「背景が五重塔のシルエットになるかどうか」という偶然の要素が大きいため、その偶然に左右されるしかない、というのが結論だ。

「夜空のキャンパス」総評

「ポンタのゲームボックス2」で個別にやって集計したゲームとして5つ目になるが、その中では、抽選券獲得効率は最低の1枚台になった。(1分プレイして1枚の抽選券しか得られない効率。個人的な集計結果)。

冒頭で述べたように、このゲームは以前、「ポンタのゲームボックス」の「デイリーミッション」の対象となっており、私も、その当時クリアを目指して一時期はよくやっていたゲームだった。デイリーミッションではすべてクリアしないと貰えない条件があったので、仕方なくやっていた面が大きかったが、その時の条件が「5回プレイ」というものだったので、高得点を狙うよりは、だらだらと消化するのみだった。

だが、「夜空のキャンパス」での、今回の「今日のミッション」は、フラストレーションがたまるものになっていた。

というのも、ゲーム内容は全く変わっていないものの、条件が合計得点となっていて、その達成への難易度が高くなっていたからだ。

通常ミッションで抽選券の最大獲得を目指すついでで、結果的に「今日のミッション」をクリアできるのが、ベストであるが、「夜空のキャンパス」は、最大獲得も難しく、かつ、「今日のミッション」クリアの条件も厳しいものとなっていた。

そのため、ただでさえ偶然の要素が強くてやりがいのないゲームだと感じているのに、爽快感が少なく、やらされている感がより強くなっていた。

偶然の確率で不利な条件になったとしても、工夫次第で挽回できるのなら、それはそれでゲームの醍醐味ではあるが、偶然の確率で決められた条件で結果がほぼ決まってしまうのであれば、ゲームのプレイはほぼ無駄に思えてしまい、やりがいが感じられない。

目標スコアや今日のミッションの設定次第では、やりがいが出るのかもしれないが、「夜空のキャンパス」は、全くの逆効果を生む設定のように感じられた。(そしてその効率の悪さは、実際に集計した数字で裏付けられた。)

以上より、「夜空のキャンパス」は、ゲームの内容自体は、タイミングに合わせて発射して当てるというシンプルなゲームであるが、得点の条件がよくわからなくて手ごたえがなく、スコアの設定等もやる気を起こさせるものではないため、優先度は低いゲームだ、と言うのが、現時点での個人的な評価である。

《広告》
楽天市場

WordPress専用高速サーバーなら Z.com WP お名前.com ムームードメイン ★LOLIPOP★ wpX A8.netの申し込みページ 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 18 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください