「ポンタのGamePark」の「モグラちゃんたたき」を初心者が真剣にやってみた5

「ポンタのGamePark」内のミニゲーム「モグラちゃんたたき」。

正方形内の3×3に並んだ穴からランダムに出てくるモグラを叩いて撃退する、モグラ(ちゃん)たたきゲーム。ヘルメットの色が異なる3種類のモグラちゃんと、時間が延びるハートアイテム、制限時間が短縮する爆弾アイテムなどが登場する。空振りなどで失敗すれば時間が短縮され、制限時間がゼロになればゲーム終了。終了までの、モグラを叩いたことで得られる得点で評価され、順位が決まる。

そんな3×3の「モグラ(ちゃん)たたき方式」のゲームを、個人的な攻略法と共に、初心者が真剣にプレイした結果を報告する。

参考サイト
株式会社オープンスマイル、”ポンタのGamePark”、https://ponta.gamepark.fun/

「モグラちゃんたたき」、https://ponta.gamepark.fun/play/mogurachan/

Ponta Web登録とログインが必要。
内容の感想は、その当時の個人的なPC環境によるものです。

当記事の内容は、PCブラウザ版をプレイした、当記事公開時点での個人的な感想によるものです。

公開:2020/12/28

「モグラちゃんたたき」のゲーム内容

縦3×横3に並んだ穴からランダムで出てくる、モグラやアイテムを叩いて、制限時間内にどれだけ得点を取れるかを競うゲーム。

基本的には、おなじみの「モグラたたき」で、出てくるモグラを叩くだけなので、操作は単純。また、以下の本家のページに、画像付きでわかりやすい説明が掲載されているので、そちらで参照していただければ十分。

モグラちゃんたたきの遊び方

https://ponta.gamepark.fun/play/howtoplay/mogurachan(Ponta Web登録とログインが必要。参照2020-12-28)

ただ、3種類のモグラが出てきて得点もそれぞれ異なり、アイテムが存在する等、実際にプレイしてみないと把握できない点もあるので、以下、個人的な補足をしたい。(ゲーム内容を理解している人は読み飛ばしてかまいません)。

初めは、縦3×横3に並んだ穴から、青ヘルメットモグラが複数、時間差で出現する。その合間合間に、ランダムで、ハートアイテムと爆弾アイテムが登場する。アイテムの効果は、

ハートアイテム:制限時間が少し回復
爆弾アイテム:制限時間が少し減少

となっている。(個人的なプレイによる解釈)

その後、青ヘルメットモグラを一定数叩くと、黄ヘルメットモグラが登場、黄ヘルメットモグラを一定数叩くと赤ヘルメットモグラが登場する。

個人的な計測では、

青ヘルメットモグラ(100点):ランダムで出現
黄ヘルメットモグラ(1000点):青モグラを10匹叩くごとに出現
赤ヘルメットモグラ(10000点):黄モグラを3匹叩くごとに出現

となっている。[現時点での個人的なゲーム経験による確認]

制限時間があり、爆弾アイテムを叩いたり、モグラのいない穴(モグラを叩いた直後のまだ次のモグラが出てきていない状態の穴も含む)を叩いて空振りするごとに、残り時間がマイナスされる。

ハートアイテムを叩けば制限時間は少し回復するが、ゲームを進めて制限時間がゼロになったら、ゲーム終了。それまでにモグラを叩いて得られた合計点で、最終的な得点を競う

そして、その日の個人の最高得点によって、(次の日に決定される)今日の順位が決まる。

「モグラちゃんたたき」の個人的攻略法

「ポンタのGamePark」のゲームについては、「ポイント(ハッパー)獲得をいかに効率よくする」かを目的とする人がほとんどだと思われるので、具体的には、大まかに三つのパターン、

  • シンプルにゲームでの高得点狙い
  • 1000位以内を目指す入賞ハッパー狙い
  • 参加賞・山分けハッパー狙い

に分けて、解説する。

それぞれに応じてやるべきことも変わってくるので、基本的な攻略法に言及した上で、この三つのパターンに分けて説明したい。

「モグラちゃんたたき」の基本的な攻略法

ゲーム操作は、出てくるモグラに合わせて叩く(クリックする)だけ。反射神経が求められる。

正方形の中の、縦3×横3の9か所からランダムに、次々とモグラや、アイテムが出ては消えていく。

理想を言えば、出て来た順に、爆弾アイテムを叩かないように見極めながら、漏れなく叩いていけば、高得点が狙える。

ただ、実際には、すべて叩こうとすると追いつけなくなる可能性が高い。すべてを追うと、どっちつかずになって、右往左往したまま時間が過ぎてしまう。ただ、すべてを追うことは無理だが、得点が高い黄モグラと赤モグラは確実に叩いておきたい。さらには、ハートアイテムを叩けば、制限時間を少しでも回復できて有利になる。

そのため、現実的な攻略法としては、

・すべて追うのではなく個人的なゾーンを絞って青モグラを叩いて数を稼ぐ
・そのゾーン以外でもハートアイテムが出てきたら優先して叩く
・黄モグラと赤モグラは出てくれば最優先に叩く

ということになる。

初めの内は、出てくる青モグラを順番に叩いていっていいが、次第に間に合わなくなってくるので、すべてを追うのではなく、特定のゾーンだけの青モグラを追うようにすれば、最低限のモグラは叩けるので、どっちつかずにならなくて済む。

ゾーンの絞り方は、個人差があるかもしれないが、例えば、個人的には、3×3マスの内、左下の2×2マスというように、青モグラを叩く位置を決めてしまう。それ以外に出た青モグラは基本的に無視していいぐらいの割り切りが、結果的に得点につながる。

さらに慣れてくれば、固定したマイゾーンにこだわる必要はなく、マイゾーンを横に広げたり、縦に広げたりすることもできるだろう。また、黄モグラや赤モグラの出現位置に応じて、マイゾーンの位置をゲーム中に変えてるようにできれば、得点の上積みが更に望めるようになる。

個人のPC環境の「重さ」による影響の補足:
このゲームでは反応が重要となるため、個人のPC環境の「重さ」などによってゲームの反応速度が遅くなることは、有利にも不利にもなりうる。たとえば、個人の意図にかかわらず「パソコンが重い」ことで、動きがゆっくりになってタイミングを見極めやすくなることがある。その一方で、PCやネット環境が不安定な場合、速さが不規則に変化したり、場合によってはクリックが反応しなかったりなどの、プレイに支障をきたすこともある。また、状況によっては、いつもより高得点を出した時に、「データに異常値」と判定され、その得点が無かったことにされる可能性がある。「モグラちゃんたたき」は、これまで取り上げてきたほかのゲームと比べればそれほどの影響は感じていないが(個人の感想です)、順位や得点を見ていると、人によっては影響がある可能性は捨てきれない。これを攻略法に含めていいのかは少し疑問だが、プレイ中は「安定したPC環境」を維持することも重要だろう。

「高得点狙い」の攻略法

「モグラちゃんたたき」では、

・青モグラ、黄モグラ、赤モグラの順に得点が一桁高くなる
・黄モグラは青モグラ、赤モグラは黄モグラ、のそれぞれの退治数に応じて出現(すると推測)
・空振りと爆弾アイテムで制限時間減少、ハートアイテムで制限時間が回復

するため、高得点を狙うのなら、

・高得点モグラ(黄モグラ・赤モグラ)は確実に叩く
・制限時間を確保するため、無駄打ちはせずハートアイテムも確保する

ことが重要になる。

上で示したように、それぞれのモグラの出現条件は

青ヘルメットモグラ(100点):ランダムで出現
黄ヘルメットモグラ(1000点):青モグラを10匹叩くごとに出現
赤ヘルメットモグラ(10000点):黄モグラを3匹叩くごとに出現

だと考えられる。[2020/12/28時点での個人的な計測。上記の数字は、現時点でのあくまで個人的な確認によるものです。]

赤モグラは一匹で10000点なので、赤一匹で、青モグラ50匹叩いて出てきた黄モグラ5匹もすべて逃さず叩いたときの合計点数と一致する。赤モグラを出現させれば、同時に出ている他のモグラやアイテムを無視してでも、確実に赤モグラをとらなければならない。

モグラの叩き方については、手法として、「数打ちゃ当たる」というのもあるが、このゲームでは、避けた方が良い。空打ちすればするほど制限時間が減るからだ。上の基本的な攻略法でも触れたが、すべて叩くと言うのは現実的ではない。

青モグラだけを対象とした自分の叩く範囲を決め、確実に数を重ねながらも、ハートアイテムや黄モグラ・赤モグラが出現すれば、それを最優先にして叩く

というのが高得点を狙う攻略法となる。

特に、赤モグラに関しては、黄モグラを3匹叩いた後にどこかの穴から出てくることが予測できるので、待ち構えてでも確実に叩けるようにしたい。

「1000位以内を目指す入賞ハッパー狙い」の攻略法

「ポンタのGamePark」内の各ゲームでは、その日のプレイでの自己最高得点によって順位が決まる。

ただし、0点の場合は順位に反映されず、プレイ人数が1000人に満たなくても少なくとも1点以上取らなければ、入賞できない。(個人のプレイ経験によるもの)

最終的な順位が判明するのは、翌日になって少したってからのようだ。(個人のプレイ経験によるもの)

その最終的な順位が1000位以内だった場合、入賞ハッパーとして10ハッパーが付く。[2020/12/28時点の個人的な確認]

1000位以内であれば、1位だろうが1000位だろうが、入賞ハッパーは10ハッパーで同じ。また、他のプレイヤーとの競争になるため、その日ごとに1000位入賞ラインは変化し、最終的に締め切るまでは確定しない。

したがって、「入賞ハッパー狙い」を目指すのであれば、

だいたいの1000位入賞ラインを把握することがポイント

となる。

順位は、毎日、0時で区切られる。当日の順位については、暫定順位という形で、ゲーム画面や順位表の画面で確認できる。ただ、あくまで暫定順位なので、入賞できるかどうかは、その時点では確定していない。もちろん、暫定順位で1000位以内に入っておらず、更新できなければ入賞の可能性は無い。また、1000位以内だったとしてもその後ほかのプレイヤーに抜かれて入賞を逃す可能性はある。したがって、ある程度の1000位入賞ラインを把握し、その時点での順位を見て、入賞できそうかどうかを判断することになる。

入賞ラインは、たまに、キャンペーン等の影響で、大きく変動することもあるが、個人的には、「1000位入賞は絶対無理」という状況になったことはなく、感覚で言うと、

・「ちょっと頑張れば1000位入賞」
・「普通にプレイすれば1000位入賞」
・「1点以上取れば1000位入賞」

の三つのパターンに分けられる。

「モグラちゃんたたき」については、現時点では、個人的には、「普通にプレイすれば1000位入賞」に分類されるゲームだ。(注:以前は「ちょっと頑張れば」の印象だったが、最近では「普通にプレイすれば」に変わった。)

実際に、「モグラちゃんたたき」での、特定の一週間を個人的に計測した1000位入賞最低点の平均得点は、

平均100点(最大値、最小値共に100点)

だった。[小数点四捨五入。対象期間:2020/12/14~20。なお、7日の内1日は、最低順位が1000位以下、つまり得点さえすれば入賞できた。この数字は、特定の1週間の個人的な集計によるもので、正確さを保障するものではありません。]

(今回計測して出てきた平均100点という数字は、青モグラを一匹叩けば得られる最少得点であり、「1点以上取れば1000位入賞」に分類してもいいかもしれない。ただし、一匹叩けばそれだけで入賞できたということではなく、計測したうちの7日の内、順位が1000位に満たなかった一日以外は、時間差による着順により、同じ100点でも入賞できなかった可能性があった。したがって、現時点での分類では、「普通にプレイすれば1000位入賞」とする。)

今年3月(2020/3/22~28)に個人的に計測した際の平均値が、7057点[小数点四捨五入。当ブログ記事参照]だったことと比べると、大幅に下がって入賞しやすくなったと言える。以前は「ちょっと頑張れば」の印象だったが、最近では「普通にプレイすれば」入賞できるという感触だ。

ただ、正直に言うと、「ポンタのGamePark」は、先日の「ルール改悪」(当ブログ記事ほか。個人の印象です)のせいか、全体的に参加人数が減っているようで、計測した1週間に限れば、「モグラちゃんたたき」は、競争相手が1000人いるかどうかの微妙なラインにあるように見える。

この平均100点というのは、あくまで平均で、最少得点の100点を取って1000人に足りなくて入賞できた場合もあれば、時間差による着順で入賞できなかった場合もあったと言えるので、100点をクリアできれば1000位に入るとは言い切れない、というのが現状だ。ある程度の余裕を持ちたいので、黄モグラを出現させて一匹叩いた際の合計点(2000点)は確保したいところだ。(現時点での個人的な感触)

現状では、

黄モグラを1匹叩くまでの合計点(2000点)を確保

というのが、現在の入賞ラインを見越した入賞ハッパー獲得攻略方法となるだろう。

(ちなみに、今年3月ごろの個人的な目安では、赤モグラを叩ければ、まず入賞は確実、という個人的な感触だった。)

[注:1000位入賞ラインは変動するため、あくまでその時点での個人的な目安であり、以上の方法は、入賞を保証するものではありません。]

「参加賞・山分けハッパー狙い」の攻略法

参加賞と山分けハッパーは、いかに手っ取り早くゲームを消化するかがポイントとなる。(ただしハッパーを得られる一日のプレイ回数にそれぞれ上限がある)

「モグラちゃんたたき」では、何もしないままだと、制限時間が減っていくだけなので、そのまま放置でも制限時間終了と共にゲームを消化できる。

ただ、(正確に測ったわけではないが)1ゲーム20秒程度の制限時間をただ待つだけでは手持無沙汰なので、早めにゲームを消化するためには、意図的に制限時間を減らすために、わざと空打ちしたい。

個人的な感触では、4回ほどモグラの出ていない穴で空打ちすれば、それで制限時間が0になるので、スタートと同時に、適当な位置で4回クリック(たまにモグラに当たることがあるがそれは気にせずもう1回分多くクリックする)すれば、それで一ゲーム消化できる。

したがって、短時間でゲームの消化を優先するのであれば、

スタートと同時にどこかの穴で4回クリック(モグラに当たった場合はもう1回多くクリック)する

ことがシンプルな攻略法となる。

なお、以前、参加賞10回を消化するのにかかった時間を個人的に計測した際は、

1分36秒(13ゲーム中2番目の速さ)

だった。[2020/04/17計測。当ブログ記事参照。個人的なPC環境での個人的な計測結果です。なお、最近の個人的環境では、読み込みで止まることが多くなった印象なので、実際には、より多くの時間が掛かる可能性があります。]

クリックする手間はかかるものの、「ポンタのGamePark」内の各ゲームでは、ゲームを消化するには効率が良い部類に入ると言えるだろう。

「モグラちゃんたたき」総評

ゲーム自体は、シンプルな、穴から出てくるモグラを見極めて叩く、反射神経が問われるゲーム。

正方形内の3×3の穴の配置で、当たり判定も緩めな印象(個人的な感想)で、その点でのストレスはあまり感じなかった。ただ、すべて叩こうとしても途中からは追いつけなくなると思われるので(PC版でのマウスでのプレイでの個人的な感想)、完ぺき主義者にとっては不満が残るかもしれない。このゲームでは、いかに割り切ってモグラを見逃すかもプレイのポイントとなるだろう。

「モグラちゃんたたき」というゲームに対しては、ゲーム名の間に「ちゃん」を挟んでいることや、叩くのがスコップだったりなど、どこか著作権の問題でもあるのだろうかなどと疑問に思ってしまう。ただ、この種のミニゲームのキャラクターや設定にそれほどこだわる人はいないと思うので、すぐに気にならなくなるだろう。

ハッパー獲得のためのプレイ効率は、他ゲームとの比較で言うと、

・入賞ラインについては普通にやれば簡単に取れるようになった
・参加賞狙いでは、クリックを複数回する手間はかかるが効率が良い

というのが、個人的な評価だ。

以上より、現時点での個人的な「モグラちゃんたたき」の評価は、シンプルな「もぐらたたき」反射神経ゲームだが、ハッパーの獲得効率は、他の「ポンタのGamePark」のゲームと比べれば、現時点では入賞ハッパーの難易度が低く、参加賞ハッパーでも(クリックを複数回する手間はかかるが)効率が良い部類に入る、というのが個人的な評価だ。

[以上は、ブログ記事公開時点での個人的な評価です]


《広告》
楽天市場

WordPress専用高速サーバーなら Z.com WP お名前.com ムームードメイン ★LOLIPOP★ wpX A8.netの申し込みページ 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 8 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください